亡くなる前に贈与を受けているものでも相続財産に含まれるもの

 

 

財産や資産を受け取る時には税金が掛かりますが、贈与を受けた時期によっても支払う税金が贈与税になるかそうでないか分かれるケースも有ります。キーワードになるのはやはり3年になるでしょうけど、贈与を受けた時点から3年以上経っていればこれは確実に贈与税の扱いを受けますが、例えば3年前に贈与を受けて3年以内に贈与者が亡くなった場合は自動的に贈与税から処理方法は変わります。

 

 
あともう1つは贈与を受けた時点で税務署に相続時精算課税の手続きを取っていれば、贈与された財産や資産は贈与として見なされなくなりますので、もし贈与者が亡くなったらその時に遺産分割の対象財産として扱われますので、贈与税は払う必要は無くなります。贈与税は税率が高いので遺す財産の少ない人は、相続時精算課税の手続きを取っておけば遺される人も経済的負担が軽減されるメリットが有ります。あと相続時精算課税の手続きは毎年行う必要が無く、1度申請及び手続きをすれば再度行う必要が有りませんので、何度も税務署に足を運ぶ必要も有りません。

 
最近では様々な増税も行われていますので、私達も相続時精算課税等の制度を上手く利用して日常生活の負担を少しでも楽にしていく必要が有ります。