相続財産の調べ方

 

 

具体的には、被相続人が相続人の家業、生活を脅かすほどの借金をしていたようなケースです。 このようなケースで、相続人がそのまま被相続人の借金を相続すると、まともに生活出来ません。 しかし、ここで相続をそのまま放っておくのはダメです。 相続開始を知ってから3ヶ月間の間に判断してください。

 

 

ここで相続放棄をすると、一切の財産を相続できなくなるかもしれないと疑問を持つ方もおられるかもしれません。 相続放棄とは一切の財産を放棄するという意味ではありません。 利益となる範囲内の財産を受け取る事も可能で、これを限定承認と言います。 ついでですから単純承認も知っておいてください。 単純承認とは、利益、不利益となる財産を全て引き継ぐ事です。

 

 

まとめると相続財産には2種類あり、不利益となる財産が多い場合は、財産を放棄する事を検討する事も可能で、それは全ての財産を受け取らないという意味ではなく、限定承認、単純承認と分かれており、相続人が期間内に選択する事が出来る、となります。