財産の一部だけ先に分割することは可能か?

 

 

遺産の分割を行う場合、原則的には一度で全ての財産についての分割を行います。亡くなった人が遺言状を書き残していれば、その内容に従って分割することになるため、あまり厄介なトラブルは発生しません。しかし、遺言状が残されていない場合には、関係者が話し合って決めることになり、それぞれの利害が複雑に絡み合っていきます。当事者だけではスムーズな話し合いを進めることが難しい場合は、弁護士などの専門家に相談することが大切です。話し合いがこじれてから弁護士に相談するのでは、タイミングが遅すぎます。

 

 

財産の分割について、全部ではなく、一部分だけを先に分割しようと考える場合があります。一部分割と呼ばれるもので、実務上は稀なことではありません。一部分だけの分割を行う理由は、関係者の中に、どうしてもすぐに財産を必要とする人がいる場合などです。注意点としては、裁判所の判断によって認められない場合もあるという点です。安易に行動してはいけません。

 

 

遺産を分割する際には、遺産分割協議を行って、遺産分割協議書という書類を作成する必要があります。遺産分割協議書に記載された内容に従って、財産の分割を進めていくことになります。この内容には、関係者全てに従う義務が発生します。